FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

もどかしさの理由 北区本庄西のノウゲ地蔵尊

2017.06.28(23:39)

LCCを利用しようとした障害者の男性が、車椅子から降りてタラップを腕の力で登ったと言うニュースが報じられています。

マスコミ各社はこぞって障害者差別、イジメといった様な論調を取っていますが、本当にそうなの?

先ずこの方は予約時に自らが車椅子利用である事を伝えていなかったらしいんです。
ご本人がブログに書いた事によると「伝える必要は無いと思っている」とのこと。

以前乙武さんが小さなビルの2階にあるイタリアンレストランに行きたかったのに車椅子である事を理由に拒否されたと言ったことがありましたね。
あれを思い出してしまいました。

飲食店であれ、航空会社であれ、全ての人に同じ様にサービスを提供したいと言う気持ちはあると思います。
でも、まず何より考えなければいけないのは利用する人の安全ですよね。
その為に階段(タラップ)は車椅子で登っては頂けませんと言うルールを作っていたのだと思います。

本来、この人の側にお互い気持ちよく過ごしたいと言う思いがあったならば、予約時に車椅子の事を伝えて、最善の策を一緒に模索すべきだったのでは無いでしょうか?

そもそも身体障害者の方は「バリアフリー」に強くこだわります。
身体に障害があっても他の人達と同じ様に暮らしたい、同じ様に扱われたい…
もどかしく思う気持はわかるんです。
でもね、それって本当に可能なの?
逆に言うと、だったらどうして障害者は色んな場面で優遇されるのかしら?

入場料や乗車料の割引、無料。
中には付き添いの人まで無料になるものも…
世の中には色んな差別を受けていながら優遇されない人だっているんですよ。

いつも自分の事ばかりで申し訳ありませんが、私は昔、凄く太っていました。
そのせいで損をしたことも沢山あります。
例えば遊園地で乗れないアトラクションが有ります。
絶叫マシンなどは安全ベルトが止められないと乗せてもらえません(当然ですが)
それでも入場料は一般の人と全く同じ。
クレームをつけることさえできないんです。


電車で席に座っただけでも「ちぇっ、一人で二人分とるなよ」なんて言われたり。
車椅子の人が一人いるせいで発着が少し遅れても、誰も文句は言わないでしょう?

私はね、障害者の側にも、もう少し遜った感謝の気持ちが必要なんじゃないかって気がするんです。
周囲の人達のおかげで楽になっている部分、ありません?
他人の心を変えようとするのではなく、自分の心を変えただけでもどかしさが吹っ飛んでしまうこともあるんじゃないかしら?

勿論、全ての障害者の人が同じ様に考えているわけではありませんし、周囲の人間の考えも様々。
私とは全く違う意見の人も多いのでしょう。

世の中に一体何人の障害者がおられるのかはわかりませんが、たった一人の、たった一回の事例をこんな風に一方的に報道するのはどうかと思うのですが。

北区本庄西1-21の「ノウゲ地蔵尊」









ノウゲってどう言う意味なんでしょうね?

そして私の朝ごはん




合掌

ぽちっとな^ - ^

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


#車椅子
#LCC
#報道
#差別



スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://necoconanato0108.blog.fc2.com/tb.php/288-d9b19a62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。