FC2ブログ
タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

どっちを選ぶ? 大阪市中央区谷町7丁目の末鷹大明神

2017.08.31(23:37)

8月もいよいよ最終日。
ここのところお仕事がキツくてだれ気味ですが、今朝は久々に見ましたよ、こんな人。




24時間営業の飲食店の前で自転車を放り出して高いびき(本当にすごいイビキでした)
そろそろ夜明けは涼しくなる季節。
風邪ひかないように気をつけてね。

東京、埼玉辺りでは大雨が降ったのだとか…
大阪は本当に降りません。
家の前の植木に水をやるたびに「ちょっとは雨降らないかなあ」と思うのですが…
集中的にではなく万遍なく降ってくれればいいのに。

読書感想文を売る人がいるんですね。w
私自身、子供の頃には文章を書くのが得意でしたし、本を読むのは苦にならないので、そんな方法でお金が手に入るのなら…と思わないでもありません。
でも、これって替え玉受験なんかと同じですよね。
そんな事をして夏休みの宿題をクリアしても何も身に付かないのだし、それくらいならいっそ「やってません」と正直に言って叱られる方がずっと有意義な気がするのですが。

この年齢になって「子どもの頃にしっかり勉強しておけば良かった」と思います。
「しておけば」ではなく「したかった」かもしれません。
あの頃寝る間も惜しんで勉強していたら、私はどんな人間になっていたのかしら?
そう思いながらも今も何もしていないんですが…w

あの時ああしていたら…と思うことは沢山あります。
人生が選択の繰り返しなのだとしたら、私は選んではいけない方の道をやたらと選んでしまった気がするんです。
でね、考えてみると母もそんな感じだったの。
苦労するのミエミエなのに、なんで父みたいな人と結婚したんだろう?とか、お花やお茶の先生の資格を持っていながら、どうしてそれを生かさずに外に出て働いていたんだろう?とか…
今更ながら不思議に思いますが、亡くなってしまった後では聞いてみることも出来ません。

この先の人生がどの位あるのかはわかりません。
分岐点がいくつあるのかもわかりませんが、出来ることなら選択を間違えずに悔いのない余生を送りたいものだとおもっています。

谷町7丁目6の末鷹大明神






風情のあるいい感じのお社です。





娘が新しいカーテンとテーブルクロスを作りました。





部屋が秋になりました。
彼女はこういう事が好きでマメにやってます。

ななとこまいりをしている途中、西九条の日限地蔵尊の前で近所の方から頂きました。




いつもお参りしてるのを見てくださってたのかしら…

そして今日の朝ごはん



仲良しになっていた社食の従業員さんが今日で辞めてしまいました。
悲しい( i _ i )

合掌

ぽちっとな(^O^)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://necoconanato0108.blog.fc2.com/tb.php/355-f3c226a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。